【oily購入特典つき】美術手帖 19年4月号 100年後の民藝
5c77d04e6a41ea7c373c268b 5c77d04e6a41ea7c373c268b

【oily購入特典つき】美術手帖 19年4月号 100年後の民藝

¥1,728 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

【oily購入者限定特典・特製しおりつき(20冊限定)】 ※本商品は先着購入特典のついた『美術手帖』19年4月号です。 特集 『100年後の民藝』 「民藝」という言葉が生み出されてから、間もなく100年が経とうとしている。 20世紀前半につくられた造語である「民藝」は、それまで評価されることのなかった日用品や雑器を「民衆的工藝=民藝」として価値づけ、そこに美を見出したことに始まる。 宗教哲学者の柳宗悦と、その思想に賛同した工芸家らによって推し進められた「民藝運動」は、美術品に劣らない美が生活道具に宿っており、ひいては生活のなかにこそ美があると提唱した。その思想は時代の浮き沈みのなかで文化運動や芸術へも変化し、矛盾をはらんだ活動と指摘されたこともあるいっぽうで、私たちの現在の生活文化にも影響を与えている。 特集「100年後の民藝」では、既存の評価をなぞるのではなく、自分の評価基準でものを見ることを提示した「民藝」を参照する。 デジタルテクノロジーの発達や大量生産・大量消費、そして大規模災害などを経験し、私たちとものとの関係は様々に変わっている。草創期の「民藝」や、ものを思考し活動するデザイナー、アーティストらへのインタビュー、同時代の動向などを見渡し、誕生から100年後の新しい「民藝」を考える。 いまあなたにとって、本当に価値のある大切なものとはなんだろうか? ※先着20名さま限定商品として、誌面内に登場する、画家・イラストレーター 林青那のイラスト入りoily特製しおりも一緒にお届けします。 ※しおりは1冊につき、1枚です。どの柄が届くかはお楽しみです。