美術手帖 13年12月号 新しい芸術運動としての陶芸
5bf2842e5496ff5a6b0007c7

美術手帖 13年12月号 新しい芸術運動としての陶芸

¥1,645 税込

送料についてはこちら

特集 『新しい芸術運動としての陶芸』 1万年以上前、土を捏ねて焼いた土器がつくられた後、 素材や形を変化させながら、人々の生活で使われてきた、やきもの。 しかし、現在流通している食器に、土や火を感じられるものは少ない。 そんな現代において、力強い「自然性」を湛えたやきもので 勝負する陶芸家たちがいる。彼らが向かうのは、やきものの原点だ。 近代陶芸の文脈から解放された世代がいま、 生き方や作陶を通じて、やきものと人との関係性を変える、 新しい陶芸を、生み出そうとしている。 ここでは、そんな「芸術」を日常に引き戻そうとする、 陶芸家の動向を新しい芸術運動ととらえ、特集する。