美術手帖 14年5月号 バルテュス
5bf25d0e50bbc366740000da

美術手帖 14年5月号 バルテュス

¥1,728 税込

送料についてはこちら

特集 『バルテュス』 なぜ、少女を描かねばならなかったのか。 脚を投げ出す半睡の少女、時が止まったような暗示的な世界――。 見る者の想像力をかき立てるテーマを、 静謐な伝統技法によって描いた20世紀の画家、バルテュス。その孤高の画業を総覧することのできる回顧展が、 日本では20年ぶりに開催される。 バルテュスが自らを「宗教画家」と呼び、無防備さと性の目ざめへの 移行期にある少女を描き続けたのはなぜか。 生涯を通して少女に魅せられた画家の、創作の核心に迫る。