美術手帖 14年10月号 ジェフ・クーンズ
5bf258d0434c7238430003bd

美術手帖 14年10月号 ジェフ・クーンズ

¥1,728 税込

送料についてはこちら

特集 『ジェフ・クーンズ』 世界一の嫌われ者アーティスト?! この夏、ニューヨークで話題沸騰のジェフ・クーンズ回顧展。 つねに議論を巻き起こすその作風から、 いまやジェフ・クーンズはアート界きっての 「嫌われ者」とレッテルを貼られるほどだ。その徹底的な言われようは、「下品」「ジェフ・クーンズの芸術はそれ自体の宣伝以上の目的を一切もたない」「子どもじみた陳腐さのメーターを振り切ってしまったと言っていい」「ひどく不快」「ペテン師のようでもあり自らを奮い立たせる教祖のようでもある」「巨大な絵画をしつこく制作する理由がわからない。あれは退屈だ!」「表現しないほうがいいものもある」「ジェフ・クーンズには嫌気がさす。だけど彼の作品を見るとワクワクするし、愉快な気持ちにさせられる。 そしてその事実にまたうんざりさせられる」というような、美術批評家たちからクーンズに浴びせられた言葉からも見てとれる。 いったいなぜ、これほどまでに嫌われるのか──。 それを探り当てることが、アーティストとして 誰も成し遂げたことのない領域を 切り拓いた"クーンズ"という作家を 理解してゆくために避けて通れない道なのである。