美術手帖 16年3月号 超絶技巧!! 宮川香山と明治工芸篇
5bf23a65434c72313c0009d4

美術手帖 16年3月号 超絶技巧!! 宮川香山と明治工芸篇

¥1,728 税込

送料についてはこちら

特集 『超絶技巧!!宮川香山と明治工芸篇』 2000年代以降、再評価とともに注目が高まる「明治工芸」。 それは、幕末から明治へという大きな時代の変化のなか、職人たちが試行錯誤を重ねて生みだしたものだった。金工、漆工、七宝、陶磁器などさまざまな分野で空前絶後の写実性や細密さを誇る表現が花開き、海外で人気を獲得。近代化を目指す日本の殖産興業を担った。 今年没後100年をむかえる陶芸家・宮川香山をはじめ、明治の職人による超絶技巧は、今なお見る者を惹きつける。 時代背景や人物像を明らかにしながら、明治工芸に宿る芸術の力に迫りたい。